Indeedがイチからわかる徹底解説2019年版

Indeedがイチからわかる徹底解説2019年版

もうすぐ春、出会いと別れの季節ですね。学生ならば卒業などの感動と、新しい環境&出会いへのワクワクが味わえる楽しい時期ですが、退職に伴う新たな採用など、企業や人事担当者にとっては頭が痛くなる期間です。

また、今年から人事担当になり、イチから採用活動を始めなければいけないのに、どうしたらいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

そんな方たちへ向けて、CMなどでもよく目にしている「Indeed」についてまとめてみました。

そもそもIndeedって何? 他の求人メディアとの違い

Indeedは【求人に特化した検索エンジン】です。GoogleやYahoo!などと同じ検索エンジンでありながら、膨大なインターネット上の情報の中から「求人」のみを抽出して表示させるサービスです。加えて、Indeedに直接、求人情報を投稿できるのも特徴です。

例えば「求人情報サイトAに掲載されている求人情報」「株式会社Bのオフィシャルサイトにある求人情報」「ハローワークに登録されている求人情報」などなど、インターネット上にはたくさんの求人がありますが、ユーザーはそれぞれのサイトや情報を個別に探し出しアクセスしなければなりません。

Indeedはそれらをひとつにまとめて表示してくれ、「キーワードと勤務地」を入力するだけて検索できるので、ユーザーにとって利便性の高いサービスとなります。

また、採用企業にとっては、複数のメディアに分散して求人を出さなくても、情報とユーザーが集まるInndeedを活用することで、コストと労力を軽減することができます。

Indeedとは

・GoogleやYahoo!と同じ検索エンジン。しかも「求人に特化」
・企業や複数の媒体から情報を集めるので求人数が圧倒的

ユーザーがIndeedを使うメリット

・あちこち探し回らなくても、求人情報が集まっているので検索が楽!
・検索履歴なども加味して表示されるので、希望職種を見つけやすい!
・会員登録などしなくても無料で利用できる!
・スマホでいつでもどこでも検索&応募が可能!

企業がIndeedを使うメリット

・プログラムなどの知識がなくても、求人情報を簡単にネットへ投稿できる!
・掲載、内容の修正、削除などがリアルタイムで可能!(直接投稿の場合)
・無料掲載ができる!
・広告もクリック課金システムなので、効率的に費用を使える!

さっそくIndeedへ掲載してみよう!
掲載方法は「直接投稿」と「クローリング」の2種類

Indeedへの求人掲載は無料ででき、「直接投稿」と「クローリング」という2つの方法があります。

アカウント作成&入力完了で即掲載!
直接投稿

その名の通り、Indeedに直接求人情報を入力、掲載する方法です。
メールアドレスとパスワードを用意してアカウントを作れば、職種や仕事内容、勤務地などの情報を入力することで簡単に開始できます。自社のオフィシャルサイトや、求人ページを持っていない企業、今すぐ募集を開始したい方に向いています。

アカウント作成後は登録したメールアドレスとパスワードを使ってログインすれば、掲載結果の確認や原稿の修正、削除、新たな求人を追加したりできます。

作成された求人原稿はしばらくして検索に反映されます。試しに検索画面で、入力した会社名などのキーワードと勤務地で検索してみると、「新着」として表示されていると思います。

「直接投稿」のメリット

自社サイトを持っていなかったり、特別な知識がなくても掲載可能
自分でホームページを作ったり、ホームページ制作業者に依頼しなくても、メールアドレスさえ用意できれば求人をすることができます。

すべてのデバイスに表示される
求職者がWEBにアクセスする方法はPCやスマホ、タブレットとさまざま。クローリングの場合、元となる求人ページが各デバイスに対応していないと求職者に表示されませんが、直接投稿ならすべてに対応しているため機会の損失を防げます。

好きなときに募集、終了ができる
新たな職種や勤務地での募集をしたい場合は投稿を追加。採用が決まった求人は「募集終了」にすることですぐに掲載を止めることができます。

ネット上に公開されている求人情報を自動的に取得して表示。
クローリング

クローリングとは、プログラムがWeb上に公開されている企業の求人ページや、求人サイトなどの情報を読み込み掲載する方法です。意図的にさせるというより、いつの間にか自社の求人ページがIndeedに掲載されていたという場合が多いかもしれません。

求職者の最終的な着地点は元の求人ページなので、応募はそちらからされます。

自社のWEBサイトの求人ページが充実していて、もっと求職者を呼び込みたいといった場合には、クローリングという掲載方法が有効そうです。

一方で、サイト制作を外注していたりすると、急な求人や掲載内容の変更、削除といった対応に時間やコストがかかる場合があります。

求人ページがあるのにクローリングされない…

自社のWebサイトに求人ページを作成したのに、Indeedで検索に出てこない。その場合は、クローリングの要件を満たしていない可能性が大です。
例えば「ひとつのページに複数の求人詳細が掲載されている」「勤務地や仕事内容の詳細が書かれていない」などといった場合は、クローリングされません。

そのほかにも、求人情報を見るのに登録が必要だったり、そのページから応募ができないといった場合も、クローリングの対象外となります。

Indeedにクローリングされることはもちろん、求職者にとってわかりやすく、応募がしやすいサイト作りは採用活動において大切ですので、もし思うように応募が集まらないときは、求人ページの構成やレイアウトなどを見直してみるのもいいかもしれません。

掲載したのに、検索結果に出てこなくなった…!?

直接投稿もクローリングも掲載された直後は「新着」というマークが付き、検索結果の上位に表示されやすいですが、Indeedには毎日何百件という求人情報が追加されています。

そのため、競合が多いようなエリアや職種の場合、一週間程度経つと「新着」マークが外れ新しい求人に埋もれてしまい、求職者の接触機会が日を追うごとに少なくなっていきます。

しかし、求人情報を有料広告にすることで、投稿から日が経っても目立つ場所に表示させることができます。

投稿が済んだ方はぜひこちらの記事もご参考ください。
Indee活用術~無料で使える便利な機能で応募&採用率UP!~

インプレイスはIndeedの宮城エリア正規パートナーです。求人情報誌や求人情報サイトへ頼らない新しい採用方法をご案内します。
https://www.imprace.co.jp/lp/indeed/