Indeedの運用に役立つWEB広告専門用語

Indeedの運用に役立つWEB広告専門用語

これだけは理解しておこう!

Indeedを運用しようにも、
「用語の意味がわからない…」、「なんの指標なのかわからない…」
という方に、Indeed管理画面にも出てくる、これだけは理解しておきたい専門用語をご紹介。

・オーガニック
「自然検索」。広告枠を除く、純粋に検索されたもの。Indeedオーガニック=無料枠。

・スポンサー
「有料検索」。有料広告枠に検索され表示されたもの。

・検索クエリ
ユーザーが実際に検索した「検索キーワード」そのもの。

・表示回数(インプレション)
「imp」と略して使用されることもあります。検索結果に実際に表示された回数のこと。

・クリック(Click)
表示された広告をもっと詳しく見ようと、ユーザーがクリックすること。その回数をクリック数と言います。

・CTR(クリック率)
Click Through Rateの略。表示された数(インプレッション数)のうちクリックされた回数(クリック数)の割合

  CTR=クリック数÷表示回数(インプレッション)

・CPC(クリック単価)
1クリックあたりのコスト。

  CPC=費用÷クリック数

・CV(コンバージョン)
成果のこと。Indeedでいうならば、成果は応募数や採用数などのこと。

・CVR(コンバージョン率)
サイトや広告を訪問してくれたユーザーのうちCVにあたる行動をとった割合。

  CVR=CV(コンバージョン)÷クリック数

・CPA(コンバージョン単価)
成果を1件獲得するのにかかった費用。

  CPA=費用÷CV(コンバージョン数)

Indeedをスムーズに運用するには、WEBマーケティング用語に関する理解は欠かせません。
WEB広告を、分析・改善するのに必要な用語や数値を理解し、効率的に、かつ最大のパフォーマンスをあげられる運用をしていきましょう。


インプレイスではIndeedはもちろんGoogleしごと検索にも対応した採用サイトを無料で承っております。詳細は下記サイトよりお問合せください。
https://www.imprace.co.jp/lp/indeed/