すかいらーくホールディングスが定年を70歳から75歳に引き上げ

すかいらーくホールディングスが定年を70歳から75歳に引き上げ

『ガスト』や『バーミヤン』など多数の飲食店ブランドを展開するファミリーレストラン大手の「すかいらーくホールディングス(以下、すかいらーく)」が、パート・アルバイトの定年を70歳から75歳に延長しました。


すかいらーくホールディングスニュースリリースより
パート・アルバイトの定年を75歳に延長

すかいらーくは、2015年にパート・アルバイトの定年を正社員同様65歳に引き上げつつ、その上の雇用区分を70歳を上限に設けていました。

ニュースリリースによると、「すかいらーく」には現在65歳以上70歳未満のスタッフが約1000名在籍。それまでに培ってきた経験や知識を活かしながら働いていますが、さらに健康で意欲と能力がある限り働き続けることができる職場環境づくりを目指すとのこと。

ただし、週の労働時間を20時間未満にするなど、年齢に十分配慮した職場となっているようです。

少子高齢化が進む中で、若年層ばかりではなく、シニア層を活かす採用活動も今後はさらに重要になるかもしれませんね。

今回の「すかいらーく」の施策に注目し、参考にしてみてはいかがでしょうか。



インプレイスはIndeedの宮城エリア正規パートナーです。求人情報誌や求人情報サイトへ頼らない新しい採用方法をご案内します。下記バナーよりお気軽にご相談ください。